男性

ダイエット効果を得るための栄養素の摂り方|オメガ3脂肪酸も役立つ

ダイエットや健康に

サプリ

摂取量に注意が必要

サポニンとはマメ科の植物によく含まれる苦味のもととなる成分です。植物によって効果に多少違いがあるため大豆サポニンや高齢人参サポニンなどと呼ぶこともあります。サポニンの名前の由来はラテン語で石鹸を意味するサポで、昔から世界中で石鹸として用いられてきました。最近ではダイエットや免疫力強化などの効果が注目されるようになり、多くの人がサプリメントなどで生活に取り入れています。サポニンはさまざまな植物に含まれ、摂取する場合それぞれ適量が異なります。特に安全なのは大豆サポニンで一日100mgを目安に摂取すると効果的といわれています。生薬として使われている桔梗に含まれるサポニンは過剰に摂取すると溶血作用や吐き気が現れることもあります。用量を守って摂取するように注意しましょう。

いろいろな健康効果

サポニンの代表的な効能として挙げられるのがダイエット効果や免疫力の強化です。サポニンには脂肪の吸収を抑制し蓄積されるのを抑える働きがあるためダイエットの効果が期待できます。また、継続的に摂取すると血中のコレステロールや中性脂肪の値が下がることも分かっています。サポニンにはナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあることも分かっています。ナチュラルキラー細胞とはウィルスなどが体内に侵入したときに攻撃する細胞で、人間の免疫システムのなかでも重要な役割を持っています。免疫力が高まればウィルスへの抵抗力も強くなり、病気にかかりにくい丈夫な体を手に入れることができます。そのほかにも肝機能を高める働きや血流を改善する働きなどたくさんの健康に対する効果が報告されています。